HOHNER アングロ・コンサーティーナ 20ボタン C/G調

目次

概要

私が楽器店で最初に見た、コンサティーナが、この、HOHNERブランドの20key アングロ・コンサーティーナCG調です。

2000年には既に日本に入っていた模様。
製造元はおそらく現 Stagi/Bastari ブランドでコンサーティーナを生産しているイタリアのfabbricaconcertine
https://www.fabbricaconcertine.com/eng/index.html

添付写真の製品は2006年頃に入手。

特徴

外見

エンド
  • マホガニー調
  • 木目象嵌
蛇腹
  • 蛇腹を開くと花柄
  • 12枚程度で長い

エンドの内側のbuffle;バッフル(ゴミ除け、整音目的)には網目の化繊素材が貼ってある。

  • ストラップは手のひらを通る。

内部

アクション
  • アームは板金加工。
  • 支点はカンヌキ留め。
  • ボタンを押し込むと底打ちする。
    • ボタンの下に梁を配置しているので底打ちする。ボタンが多いものと違い、このような設計ができると思われる。
リード
  • アコーディオン・リード
  • リードがロウ留め

注意点

ボタン

横ブレする
ボタンが落ち込んでエンドの穴に引っ掛かりやすい。

ボタンを押す

調整・修理

ボタンを押し込んで戻らない

エンドの穴の位置と、ボタン下の金具が少々ずれていることがあります。
ボタン下の金具をボタンと垂直にするのではなく、少々曲げます。
ボタンを押し込んだ時に、限りなく垂直になるようにするのが良いと思います。

感想

アクションがカンヌキ留めなので、ボタンのブレ・落ち込みが起きる。
蛇腹の耐久性は問題ない。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2003年にイングリッシュ・コンサーティーナ (Stagi 30Key)を入手。
以降、コンサーティーナが収蔵されている博物館を巡ったり、イベントを開催。
2019年にはイギリスのコンサーティーナ合宿に参加。

目次
閉じる