初心者・入門・独学者向けのコンサーティーナの構造

目次

日本で容易に購入できるコンサーティーナの構造

この投稿は、特定の企業・団体・個人を誹謗するものではありません。
現状、日本でコンサーティーナを始めたい、初心者、入門、独学をしたい方、奏者が置かれている環境を知っていただき、より良くするために記載しています。

日本の楽器店で購入できるコンサーティーナは、主にStagi/Bastari/Gremlinというメーカー、またはOEMで生産された製品が販売されていると書きました。

博士

これらのコンサティナは、製造コストを抑えるため、ヴィンテージなどのコンサーティナと内部の構造が異なっています。
それが原因で起こる不具合について掲載します。

博士

安いとされるコンサーティーナは奏法システムもそれぞれ異なりますが、2万円から12万円です。

下記のようなコンサティーナです。

初心者・入門・独学者向けのコンサーティーナの内部の構造の違い

博士

まずは ヴィンテージや注文生産のコンサーティーナ の構造を見てみます。

ヴィンテージや注文生産のコンサーティーナのアクションの特徴

  • Riveted(リベット留め)、または Hooked(ひっかけ留め)アクション
  • ボタンを押すと底打ちする
  • ボタンが横ブレしにくい
ヴィンテージや注文生産のコンサーティーナの内部構造の例

初心者・入門・独学者向けのコンサーティーナのアクションの特徴

  • カンヌキ留めアクション
  • ボタンがレバーの上部で浮いて取り付けられている
    • ボタンを押すと底打ちしない
    • ボタンが横ブレする

以上の設計上の特徴により下記の症状が出ます。

  • ボタンが様々な方向に曲がってくる
  • ボタンが沈んで戻らないことがある
  • ボタンが飛び出すことがある 
初心者・入門・独学者向けのコンサーティーナの内部構造の例
ボタンの動き

初心者・入門・独学者向けのコンサーティーナの不具合の原因

不具合の原因は、繰り返しますが前述の設計にあります。

  • カンヌキ留めアクション
  • ボタンがレバーの上部で浮いて取り付けられている

これらが主な不具合の原因です。

カンヌキ留めをするため、レバーの支点の下部の部品にかなりの隙間があり、それがボタンを押すごとにレバーが左右にぶれます。

Stagi コンサーティーナ のアクション
Stagi コンサーティーナ のアクション

また、ボタンがレバーの上部で浮いて取り付けられていて、ボタンを押すごとに前後左右にぶれ、それもレバーの左右のぶれを生み出します。

以上の主な現象により、

  1. ボタンが様々な方向に曲がってくる
    1. 内部アクションが摩耗する
      1. ボタンが灰・黒に汚れてくる
  2. ボタンが沈んで戻らないことがある
  3. ボタンが飛び出すことがある

これらの症状が出てきます。

博士

ボタンが曲がってくるのは手癖なので、修理しても戻ります。

初心者・入門・独学者向けのコンサーティーナの修理と改善

手を付けやすい修理と改善方法

  1. ボタンを底打ちさせる
  2. ボタン下の部品を保護する

などがあります。

恒久的な改善方法ではありません。

海外の修理と改善方法

上記2点ができるようにパーツを自作して交換したり、ボタンをリベット留めで固定したりなどがあります。

Homewood Musical Instrument Company による改善

http://web.archive.org/web/20010727154028/hmi.homewood.net/hmic/

Making a Bastari/Stagi Playable

https://www.concertina.net/gs_stagirepair.html

あわせて読みたい
Bastari Repairs – Holden Concertinas

修理と改善の試行について、別の記事に書きます

付録:バスタリ製コンサーティーナの参考資料

海外サイトの資料です

https://www.concertina.net/kc_bastari.html

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2003年にイングリッシュ・コンサーティーナ (Stagi 30Key)を入手。
以降、コンサーティーナが収蔵されている博物館を巡ったり、イベントを開催。
2019年にはイギリスのコンサーティーナ合宿に参加。

目次
閉じる