Lachenal 55ボタン MacCann デュエット・コンサーティーナ “New Model”

デュエット・コンサーティーナ弾きのLev.Rさんに、ご自身の楽器について寄稿していただきました。

目次

概要

1900年頃にLachenalから発売された(1905年のプライスリストを参照)”New Model” というデュエット・コンサーティーナです。
私は、2019年にConcertina.netにて購入し2020年に輸入、調律を行いました。

特徴

詳細と配列

博士

MacCann は”マッキャン”と読みそうですが、”マカ(小さな”キ”)ァーン”という感じです。

MacCann デュエット・コンサーティーナの詳細と配列について、下記サイトを参照してください。

http://www.concertina.com/maccann-duet/

外見

エンド
  • ローズウッド製
蛇腹
  • 6枚
  • 緑色と金色のデカール(Bellows Paper)
  • ストラップは手のひらを通る。

内部

アクション
リード
  • コンサーティーナ・リード
音色
  • 木製エンド特有の柔らかい音
  • 音は金属エンドに比べて小さい

感想

私がアングロではなく、イングリッシュでもなく、デュエット・コンサーティーナを選んだ理由は、クロマチックで、なおかつ伴奏とメロディを別の手で弾く事ができるからです。

また、コンサーティーナ・リードの楽器はHayden配列よりもMacCann配列のもののほうが、入手性が良いのでMacCann式のものを購入しました。

現状、少しニスが剥げている状態なので、いつか修復したいと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

見た目と音色に魅せられ、2019年の10月にMaccann式のデュエットコンサーティーナを購入。ハカランダ製の楽器を選択したため、手続き等で楽器が手元に来たのは1年後。
デュエットコンサーティーナの事で質問があれば、Twitter(@wnkaffka)までDMを。

目次
閉じる