日本でコンサーティーナを購入するときの特殊な事情(1)

Stagi イングリッシュ・コンサーティーナ 48ボタン テナー
目次

日本で購入できるコンサーティーナ

日本ですぐに購入できるコンサーティーナは特殊な事情に置かれています。それについて掲載します。

この投稿は、特定の企業・団体・個人を誹謗するものではありません。
現状、日本でコンサーティーナを始めたい、初心者、入門、独学をしたい方、奏者が置かれている環境を知っていただき、より良くするために記載しています。

日本の楽器店で購入できるコンサーティーナは、主にStagi/Bastari/Gremlinというメーカーで販売されています。
取り扱い楽器店でStagi製、Bastari製、Gremlin製として分けて販売されています。

皆さん

あれ?
Stagi/Bastariとも、見た目が同じですけれど。

わかります?
そう。製造元は同じなんです。

Stagi/Bastari、中国製のコンサーティーナはOEM生産

 これは、工業化した製品にはよくあるOEM(相手先ブランドによる製造)という製造方法です。設計・製造は特定の会社で行っています。巨大スーパーの名前がついた餃子が、実は有名餃子メーカーの商品です、といったものです。
 コンサーティーナを卸売りするときに販売店の指定するブランド、Stagi/Bastari/Gremlinとして刻印や印刷を行って輸出します。

 Stagi/Bastari ブランドでコンサーティーナを定常的に生産しているのは、イタリアのfabbricaconcertineという会社です。

https://www.fabbricaconcertine.com

 写真のハーモニカやアコーディオンで有名なHOHNER アングロ・コンサーティーナ 20ボタンも、実は15年ほど前にStagi(現fabbricaconcertine)でおそらく製造されたものです。fabbricaconcertineは、初めはBastari/Stagiという家族で経営していた会社で、コンサーティーナの製造については約25年ほどの歴史があります。ほかにもケムニッツァ・コンサーティーナを製造していました。
 会社の買収等の変遷を経て2019年にfabbricaconcertineになりました。

Stagi/Bastari製コンサーティーナの価格

 最も高い価格は先の映像を掲載した、イングリッシュ・コンサーティーナ 56ボタン Tenor/Treble(Soprano)、14万円ほどです。

中国製とされるコンサーティーナ

楽器店には中国製とされるコンサーティーナも置いてあります。これは中国で製造、楽器店がどこかから仕入れて販売しています。流通経路は不明です。

中国の卸売会社のページを見つけました

http://www.songlinmusic.com/products_list/pmcId=97&pageNo_FrontProducts_list01-004=2&pageSize_FrontProducts_list01-004=18.html

日本で販売される楽器としてのコンサーティーナの特殊な事情

下記の章で書いたとおり、日本で買える製品は新品のみ、そして店舗で購入できるコンサーティーナは、Stagi/Bastariブランド、もしくは中国製とされた、新品のみです。

https://concertina.pinefield.asia/#index_id9

Stagi/Bastari、中国製のコンサーティーナは海外では入門用

海外では、Stagi/Bastari、中国製のコンサーティーナ、は「入門用のコンサーティーナ」でしばらくしたら「次のコンサーティーナ」に乗り換えたほうがイイよね、と言った感じで捉えられています。
また、Stagi/Bastari、中国製のコンサーティーナには、設計上の課題があることも捉えられ方の一因です。(後述)

海外では「次のコンサーティーナ」、つまりは他メーカーの新品を注文したり、ヴィンテージのコンサーティーナが潤沢に流通しています。
なかにはStagi/Bastari製コンサーティーナを買わずに、中古で同じ価格のヴィンテージのコンサーティーナを買う方もいます。

Stagi/Bastari、中国製のコンサーティーナは日本での入門用かつ最高級機種

繰り返しますが、日本ではStagi/Bastari、中国製のコンサーティーナが容易に購入できます。

博士

しかし!!

日本では「次のコンサーティーナ」他メーカーの新品注文やヴィンテージのコンサーティーナが容易に買えません。

博士

日本ではStagi/Bastari製コンサーティーナが最高級機種と言っても過言ではない状況です。

皆さん

一生ものだと思って、10万円以上出して購入するのに
入門機種しか簡単に買えないとは。

わたしはStagi イングリッシュ・コンサーティーナを2002年に買って、特に不満もありませんでした。

でも最近、コンサーティーナについて興味を持つ方が増え、Stagi/Bastari製コンサーティーナや他の機種のトラブルの報告が増えていて、この記事を書いています。

Stagi/Bastari、中国製のコンサーティーナで十分かもしれない

私が15年、他の海外製コンサーティーナを買うこともなかった理由は、私の用途ではそれで十分だったからです。

博士

Stagi/Bastari、新品やヴィンテージでも使ううちに多少の不具合が出てくることが、海外のコンサーティーナ奏者の皆さんにとっては周知の事実です。
それを承知の上で購入、修理しながら使っています。

博士

次の投稿でStagi/Bastari、中国製のコンサーティーナの設計上の課題や毎日数時間稽古したり、頻繁に扱うことによって生じる不具合について掲載します。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2003年にイングリッシュ・コンサーティーナ (Stagi 30Key)を入手。
以降、コンサーティーナが収蔵されている博物館を巡ったり、イベントを開催。
2019年にはイギリスのコンサーティーナ合宿に参加。

目次
閉じる