コンサーティーナのケース – 手作り編

手作りコンサーティーナ ケース
目次

手作り コンサーティーナ ソフトケース

Concertina

コンサーティナを限りなく愛する皆さんの中には、自らケースを作る方がいます。

付属のコンサーティーナ ケースのアレンジ

まずは付属のコンサーティーナ ケースのアレンジです。

皆さん

アップリケがかわいい!

がまぐちショルダーバック

皆さん

がまぐちが素敵です。

柄もよいですし、がまぐちだから大きく開いて、ポケットもついています!

タータンショルダーバック

皆さん

タータン柄から伝統を感じます。

オーダーでバックなどを作られている 工房 フェローザに依頼したそうです。

革細工のケース ミニチュア・アングロ・コンサーティーナ

オーダーで10ボタンのミニチュア・アングロ・コンサーティーナを作った時に、レザークラフト作家さんに依頼したそうです。

皆さん

コンサティナの側面の模様とケースの模様が同じになってる!

手作り コンサーティーナ ハードケース

木のケース 海外編

皆さん

がっちり守ってくれそう。

2019年にイギリスでのコンサーティーナ合宿に行った時、参加されている方が木工が趣味で作ったそうです。二つあるそうです。

タコンサーティーナ専用 ハードケース

既存のコンサーティーナのエンドを改造した際に作ったそうです。コンサーティーナにアンプがつなげられるのでそのためのコード入れがあります。

皆さん

コンサーティーナって、なんだか赤が似合いますね。豪華というか。

キッチンにコンサーティーナ

イギリスでの合宿に行った時に見かけた光景。キッチンにコンサーティーナがゴロゴロ置いてありました。

市販品編も読んでください!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2003年にイングリッシュ・コンサーティーナ (Stagi 30Key)を入手。
以降、コンサーティーナが収蔵されている博物館を巡ったり、イベントを開催。
2019年にはイギリスのコンサーティーナ合宿に参加。

目次
閉じる