HOHNER イングリッシュ・コンサーティーナ 48ボタン Treble(ソプラノ) Stagiタイプ

当ページのリンクには広告が含まれています。
HOHNER 48ボタン イングリッシュ・コンサーティーナ ソプラノ(Stagi タイプ)

本ページはプロモーションが含まれています

目次

概要

HOHNERブランドのイングリッシュ・コンサーティーナ、48ボタン Treble(ソプラノ) で、Stagi/Bastari系の設計で販売された製品です。発売時期は不明です。外見が同等で、ロゴの異なる製品もあります。 HOHNER C48/96/6L

2010年ごろに、設計の異なるHOHNERブランドのイングリッシュ・コンサーティーナ、48ボタン Treble(ソプラノ) が発売されていました。

特徴

外見

  • エンド
    • マホガニー調
  • 48ボタン
  • 蛇腹
    • 本革
    • 蛇腹を開くと、gusset(マチ)が表革と同系の色。
  • ボタンが白い。プラスチック製。
  • 唐草模様の内側のbuffle;バッフル(ゴミ除け、整音目的)には銀紙が貼ってある。
  • 親指ストラップ(ベルト)

内部

アクション
  • Stagi / Bastariと同じ構造
    • アームはアルミニウムの板金を加工。
    • 支点はカンヌキ留め。
    • ボタンを押し込むと底打ちしない。
リード
  • アコーディオン・リード
  • 2階建て構造
  • リードがネジ留め

調整・修理

このHOHNER 48ボタン イングリッシュ・コンサーティーナ ソプラノを修理する機会があったので記録していきます。

博士

ボタン周りの改善方法についてはこの記事をご覧ください。

ビビビといったような音が出る

ビビビといったような音が出る原因は、リードのねじ止めが緩んでいることでした。

発音が遅れる

発音の遅れの原因はリードの先端が上に反り返っていることでした。

感想

アクションはStagi コンサティーナと同じくカンヌキ留め、ボタンのブレ・落ち込みがあります。リードはStagiのろう付けと違いねじ留めで、リード単体の掃除はしやすいです。

Concertina

HOHNERから発売されていたイングリッシュ・コンサーティーナ 48ボタンは、2機種ともTreble(ソプラノ)のようですね。

HOHNER 48ボタン イングリッシュ・コンサーティーナ ソプラノ(Stagi タイプ)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次